永久脱毛はけして永久ではない?【衝撃】実は言葉通りの永久脱毛は存在しない現実

脱毛

永久脱毛とは

永久脱毛とは、脱毛したら二度と無駄毛が生えて来ないという意味に感じますが、実は脱毛の世界では、そこまで完全な話ではありません。

おおよそ8割がた再び毛が生えて来なければ永久脱毛と考えるそうです。

そして、「永久脱毛」とうたっていいのは、医療機関で行う脱毛だけで、医療機関以外で脱毛を行っている場合、「永久脱毛」とは宣伝してはいけないそうです。

「永久脱毛」は、毛根の発毛組織を破壊する《医療行為》なので、実際に永久脱毛ができるとしても、永久脱毛できるとは言う事ができません

ニードル脱毛は効果的に永久脱毛という事が出来る可能性があるので、本来はエステでやってはいけないものとも言われていてグレーな方法化もしれません。

光脱毛も永久脱毛できる可能性が無いでもありません。

繰り返し行えば同様な効果が得られる可能性があるからです。

しかし、違法になってしまうので、「除毛」という言葉を使うことになります。

永久脱毛はできるのか?

脱毛サロンやエステで主流となっているのが、光脱毛です。

光脱毛ではなく、〇〇〇脱毛など、別の名前で言っている場合も、光を照射して脱毛するという広義の意味では、同じです。

出力が高く、与えるダメージが大きいため、医療機関での利用しか認められていないのがレーザー脱毛です。

どちらも脱毛の原理は大して変わらず、違いは毛根細胞を破壊する力の差です。

破壊力が高いほど毛根の再生を低くするので、レーザーの方が確率は高く、そして肌にダメージを与えるリスクも高いというわけです。

しかし、レーザー脱毛であれば、二度と生えて来ないというわけではありません。

一度照射した毛穴からもまた生えて来ることはあります。

さらに言ってしまえば、元々毛穴の無かったところにも毛穴ができることがありますので、

これらのことを考えれば、厳密な意味でいってしまうと、永久脱毛というのはほぼ不可能なことだと言えるでしょう。

また、実際に検証もされていません。

例えば、かつて主流だった美容電気針(ニードル)脱毛では、20年ぐらい前に行った人の中では、今も生えてきていないとう人もいるようですが、

どのぐらいの割合の方がそうなのかは不明です。

それよりもずっと歴史が新しい、レーザー脱毛は、まだ20年前にやったという人がいるわけではないので、結果が出ていないともいえますね。

じゃあ何を選べはいいの?

選べる脱毛方法は大きく分けて、光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛の3つです。

しかし、全身脱毛となると、時間と痛みの点から、ニードル脱毛はまず選択肢として除外していいでしょう。

とてもしつこい髭にもまだ利用されていますが、痛みがとても強いのでとても全身はむりです。

レーザー脱毛も、かなり痛みがあります。特にvioの脱毛には痛みが伴うでしょう。

ただし、医療機関なので、麻酔などがオプションで用意されているところもあるので、ある程度は軽減できます。

お金がかかってもいい、多少痛くても、少ない回数で、高い効果を得たいというのであれば、レーザー脱毛。

そうでなければ、痛みが少なくて、安い料金でできる光脱毛がいいでしょう。

光脱毛でも2~3年かけて何度もやれば、レーザー脱毛と変わらないぐらいの結果は得られると思います。

ただ、どちらの脱毛方法についてもいえることですが、5年、10年先は何ともいえません。

永久脱毛でない方がいい場合も?

VIO脱毛の場合、やっぱり完全ツルツルは年齢が行くと恥ずかしくなるという場合もあります。

若気の至りでパイパンにしたけれど・・・後悔しているという人もいるのです。

なので、永久脱毛してもう生えてこないという状態よりも、またいつか生えてくるという状態の方がいい場合もありますよね。

脱毛場所によって、脱毛方法を変えた方がいい場合もあるってことです。

驚いたことに最近は、男性もVIOが結構人気のようです。
男性の場合はOの脱毛が一番多いのだそうです。

肛門付近にムダ毛があると、色々と不快で不衛生ですのでその気持ちは分かると思います。

タイトルとURLをコピーしました