シワたるみ簡単セルフ改善方法!肌を温めてヒートショックプロテインでコラーゲンを増やすのだ。美顔器いらず

美容

目の下のシワは、アイクリームなどである程度改善や、予防はすることができますが、
修復や改善はなかなかうまくいきませんよね。

肌に塗りつけるだけのコスメでは、しわを修復することはとても難しいです。

肌を防御機能する自己防衛機能を引き出す方法がある!

研究によって分かったことは、熱刺激を肌に与えると、防御のために、皮下組織で特殊なたんぱく質が作られるということです。

この熱刺激によって発生する物質をヒートショックプロテインといいます。

ヒートショックプロテインは紫外線ダメージを予防

このたんぱく質は、紫外線による肌のダメージを予防してくれます。

つまりお出かけ前に、蒸しタオルで、肌を温めてから外出すると、紫外線ダメージを受けにくくなります。

同じように紫外線を浴びた人とのしわの出来が全く違います。

これは、マウスの肌の実験ではっきりと目に見える効果がでています。

アンチエイジングの救世主はヒートショックプロテイン

更に、ヒートショックプロテインは、コラーゲンやエラスチンを合成させます。

細胞内の工場である線維芽細胞を刺激て、加齢とともにへっとしまったコラーゲンを増やしてくれるのです。

まさに、肌の張りを取り戻してくれるアンチエイジングの救世主なのです。

肌を温めてヒートショックプロテインを作る方法

どうやって温める?

これで、目の下のしわだけでなく、肌全体のアンチエイジングができる方法が分かったわけですが……

ではどうやって、肌を温めて、ヒートショックプロテインを作ってやればいいでしょうか?

蒸しタオルで温めてみた。

湿らせたタオルを30秒ほどレンジでチンして、蒸しタオルにしました。

そして、顔の上に乗せるという方法をとってみました。

ちょっと熱すぎて、鼻先をやけどして赤くなってしまいました。

なかなかちょうどいい温度にする秒数は、電子レンジや服もせて水分量によるので、

これは経験でやっていくしかないですが…

慣れてしまえば簡単すぐにできるので、毎朝、毎晩やると効果的だと思います。

ヒートショックプロテインは、38度ぐらいから作られ初め、42度ぐらいが一番良いようです。

電子レンジでは、温度調節は結構難しいなあと思ったら、湯沸かし器でもいいと思います。

42度にして洗面器にためて、直接顔をつけるという方法もいいでしょう。

LED美顔器などもありますが、結構高いので、セルフでやってみるのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました